レンタカーを借りるとき

那覇空港のLCC専用ターミナルを利用する場合には、通常使っている那覇空港ターミナルとは違う場所にあることを知っておくことが必要です。

那覇空港は沖縄本島の西海岸線沿いにある空港で、空港ターミナルよりも海側に滑走路があります。
この空港ターミナルよりも滑走路側の敷地は許可なく進入することはできないことになっています。
ところがLCC専用ターミナルは、その立ち入り禁止エリアのなかに単独で建っています。
進入できる車両は許可を受けた指定車両に限られていて、空港整備などの車以外に格安航空券の利用者のために専用の循環バスが運行しています。
この循環バスを利用するためには、空港ターミナルの出入り口から屋外に出て、向かいの駐車場との間にあるバス乗り場に行くと、約10分間隔で専用ターミナルに運行されているバスに乗車することになります。
僅か10分程度の乗車ですが、順番待ちで並んでいる人が大勢いるからと、歩いて専用ターミナルまで行くことはできません。
例え乗客であっても専用ターミナル以外のエリアは許可なく侵入することができないのです。
ですから島内観光が終わりレンタカーを返却してから送迎バスで空港ターミナルまで移動すると、そこから更に専用の循環バスに乗り換えて移動することになります。
文章で書くと面倒なようですが、同じエリアにバス乗り場がありますので、ターミナルビル内を歩いて移動していると思えばかえって楽しめるはずです。
ただし雨の日は並んで乗車するため少し大変かもしれません。
何事にも例外はあるのもので、レンタカー会社のなかには空港敷地内を走れる指定車両を取得している送迎バスがあります。
大手とも言われるトヨタレンタカー、オリックスレンタカー、ニッポンレンタカー、OTSレンタカーの4社は、LCC専用ターミナルまで送迎バスに乗って直接行くことができます。
格安航空券を利用する場合には、空港内を走れるレンタカー会社の送迎バスは、乗り降りや荷物の積み下ろしが無い便利ですので選択肢に入れておくと良いでしょう。

関連記事:

ページ上に戻る