天候などで飛行機が飛ばないとき

沖縄の旅行で一番のトラブルと言えば、飛行機が飛ばなくなったときではないでしょうか。
天候や機材トラブルで那覇まで行けなくなると、宿泊やレンタカーもキャンセルしなくてはいけなくなります。

飛行機が飛ばないときにはチケットは返金されたり振り替えたりできますが、代替え便が見つからなければ那覇空港到着後の予定分は自分で処理するしかないでしょう。
そんな事態になったら、まずは運行状況を確かめて次の便を押さえることです。
もし多人数で予約しているようなときなら数便に分かれてしまっても、とにかく那覇に向かえる状況にすることが先決です。
次にレンタカー会社に到着時間の変更を連絡します。
この時、不測の事態に備えて「搭乗予定」であることを伝えましょう。
必要があれば宿泊施設にチェックイン予定の変更も連絡します。
特にレンタカー会社は電話がつながらないことが多いので、携帯電話にメールアドレスを登録しておき、先にメール送信してから電話連絡するようにした方が便利です。
反対に帰りの便にアクシデントがあった場合です。
特に夏季シーズンは台風による運航停止は必ずあります。
運悪く、旅行中に台風がやってきて足止めされた時についてもご紹介します。
まず台風が接近していても飛行機は離陸します。
暴風圏内に入ると那覇空港やゆいレールの各駅は閉鎖され交通が遮断されます。
台風の速度にもよりますが合計3日間は足止めされると思った方が良いでしょう。
ここで大事なことは3日間延泊できるようにすることです。
宿泊先によってはノーマル料金になることもありますので、その場合には空港までスムーズに行けるゆいレールの駅近くのシティホテルか民宿に変更できるように予約しておきましょう。
もちろん次の便を確保することは大事です。
延泊が可能であれば数日後には空席が出ますが、旅行の期間が限られている時にはノーマルチケットでも席を確保することです。
例えばファミリー旅行であれば、仕事があるので父親のみノーマルチケットで帰り、他の家族は振り替えられた格安航空チケットであとから帰る方法もあります。


関連記事:

ページ上に戻る